Menu

価格に見合ったパソコン修理を行うノウハウ

パソコンの価格も以前に比較すると下がって来ているようです。スペックも向上し光回線も全国的に接続可能となり動画などもスムーズに見られるようになって来ています。毎日使っていると耐用年数は数年とされ、そのうち酷使している場合には3年前後で寿命を迎えることもあるとされています。パソコンも故障が生じるものですが、その際に余り知識を持ち合わせていない場合も多いものです。そういう場合メーカー製の場合は技術サポートセンターで問い合わせを行うこともできますが自分で直すことが困難な場合もあります。ビデオカードとかメモリ、HDDなどは長らくの間支障が生じないパーツとして知られているものですが、電源ユニットとかマザーボードの場合には異常が起こることもあります。メーカーで見積をとることもできますがなかなか価格も高いことが分かります。

自分で問題解決できる場合と出来ない場合があること

スリムタワー型のパソコンはワークステーションなどに比較すると長く使えないと言われています。技術サポートを受けながら調子のおかしい場所が特定できると自分でパソコン修理を行うことも出来ます。例えばよくあるケースでメモリの増設やビデオカードをスペックの高いものに取り換えた場合に反応しないという場合がありますが、これはメモリやカードの刺さり具合が不足しているということが原因になっている場合があり割合気づきにくいところでもあります。マザーボードに異常を起こした場合は起動時に轟音を発することが続く場合もあります。マザーボードの場合は期間が経過すると製造期間も終了し、価格は分かっていても中古のパーツを探さなければ手に入らない場合も出て来ます。CDやDVDドライブが故障するということもありますが、この場合は外付けタイプのものを購入することで問題解決できる場合もあります。

パソコン修理では使用頻度や経過年数、修理費用から判断する

OSが起動しなくなるとHDDの異常とかOSが壊れてしまった可能性もあります。パソコンは新品で購入する場合と中古品を購入する場合があり、壊れた場合にそのパソコン修理に要する費用がいくらかかるのか見積をとった上でパーツの取り換えやOSの再インストールぐらいの手間で直るのかどうかを判断し、もし使用している期間から見て耐用年数を迎えていると判断される場合にはそれを廃棄して新しい機種か中古の製品に買い替える方が経済的といえる場合があります。又、HDDなどを新規のものに取り換えてOSの再インストールを行い、他の部分も保守点検してもらった場合には少ない費用でこれから先長持ちさせることができる場合もあります。従って使用頻度と経過年数、修理に要する費用から判断する必要も出て来ます。